厳正なる審査の結果、下記の方々のレシピを選考させていただきました。たくさんのご応募、誠にありがとうございました。

レシピコンテスト 結果発表

最優秀賞

新米ママさん爽やかつけダレdeとろ〜り餅の肉巻き天ぷら
 材料(1人分)
牛肉(切り落とし) 60g
切り餅 1個
大葉 3枚
塩 適量
粗挽き黒こしょう 適量
小麦粉 適量
天ぷら粉 20g
水 25cc
玉ねぎ 20g
トマト 50g
A
水 50cc
しょうゆ 大さじ1/4
みりん 大さじ1/4
砂糖 大さじ1/4
酢 大さじ1/4
(加減を見て少量足してもOK)
和風だしの素 小さじ1/4

作り方

  1. 切り餅(1個を棒状に3等分に切る)を大葉で巻き、さらに牛肉を巻く。(両サイドから餅が出ないようにする)。
  2. (1)に塩、粗挽き黒こしょうをふり、小麦粉をまぶす。
  3. (2)に、天ぷら粉と水を合わせた衣をつけ、175度の油で6分ほど揚げる。
  4. 鍋にA、玉ねぎ(縦にうすくスライス)、トマト(縦半分にしてスライス)を入れて火にかけ、トマトをつぶしながら玉ねぎに火が通るまで煮る。
  5. (3)を半分に切って器に盛り付け、別皿で(4)を添える。

アピールポイント

天ぷらは誰もが好きだと思います。揚げ物なので、沢山食べられないかと思います。しつこい天ぷらもさっぱりと食べられる天ぷらを考えて作ったレシピです。つけダレをつけずに召し上がっても良いですし、しつこくなったな〜と思ったらつけダレをつけて爽やかに召し上がるのも良いですし、との事で天ぷらを2度違った味わいで美味しく食べられるレシピです。

しおっぺさん野菜がモチモチ食感!?すってん天
 材料(1人分)
じゃがいも 中サイズを1つ
片栗粉 大さじ2弱
粉チーズ 小さじ2
大根 35g
片栗粉 大さじ1
粉チーズ 小さじ1
れんこん 50g
片栗粉 大さじ1
粉チーズ 小さじ1
魔法の天ぷら粉 60g
水 100ml
塩 適量付け、別皿で(4)を添える。

作り方

  1. じゃがいも、大根、れんこんの皮をむく。じゃがいもは皮を剥いて水に浸けておく。
  2. (1)の材料をそれぞれすりおろす。水分は切っておく。
  3. (2)の材料にそれぞれ分量の片栗粉を加えて混ぜる。
  4. (3)の材料をそれぞれ直径2センチくらいに丸める。
  5. 天ぷら粉をつくる。
  6. スプーンに(4)の材料をのせて天ぷら粉を付ける。
  7. 熱した油で揚げる。
  8. 仕上げに塩を適量ふる。
    ※すりおろした野菜の状態によって片栗粉の分量を調整してください。入れすぎると堅くなります。

アピールポイント

野菜を美味しく丸ごと味わうことをテーマにこのレシピを考えました。片栗粉を入れることによって食感がモチモチとするので、野菜嫌いの子どもでも美味しく食べられると思います。お子様用のおやつはもちろん、大人のおつまみにもおすすめです。粉チーズを入れずに、天つゆで食べてもまた違った味わいで美味しいです。色んな野菜で試してほしいです!

みどさん三つ葉と桜えびと高野豆腐のかき揚げ
 材料(1人分)
三つ葉 1/2束
桜えび(干し) 5g
高野豆腐 1/2個
顆粒和風だしの素 小さじ1/3
酒 小さじ2
おいしい魔法の天ぷら粉
1/4カップ〜適量
揚げ油 適量

作り方

  1. 高野豆腐は水で戻し、手の平に挟んで水気をしっかり絞る。厚みを半分に切ってから厚さ2mmの短冊に切る。和風だしと酒を振って揉み込み下味をつける。
  2. 三つ葉は、根元を切り落とし4cmくらいの長さに切る。
  3. ボウルに高野豆腐、桜えび、三つ葉、天ぷら粉を入れてよく混ぜ合わせ、水を少しずつ加えてべたつかせる。
  4. まとまりやすくなったら菜箸で適量を取り、170℃の揚げ油でカラッと揚げる。

アピールポイント

薄付き衣でサクッと仕上げました。桜えびと三つ葉のサクサクの食感で、高野豆腐がお肉のように食べ応えがあります。天つゆはもちろん、美味しいお塩もおすすめです。

ばりべえさんロールキャベツのクリーム天ぷら
 材料(1人分)
魔法の天ぷら粉 60g
水 100ml
キャベツ 1枚
じゃがいも 小1個
人参 4分の1本
鶏モモ肉 30g
牛乳 100ml
クリームシチューのルー
2分の1かけ
塩 適量
コショウ 適量
油 適量

作り方

  1. キャベツを半分に切り、ラップで包んでしんなりするまでレンジで加熱します。
  2. じゃがいも・人参・鶏モモ肉をさいの目切りにし、耐熱皿に乗せてラップをかけ、火が通るまでレンジで加熱します。
  3. (2)に牛乳とルーを入れ、レンジで沸騰するまで加熱し、ルーをしっかり溶かします。塩コショウで味を調えます。
  4. (3)をキャベツで包み、水で溶いた天ぷら粉をつけて揚げて完成です。

アピールポイント

ロールキャベツとクリームコロッケと天ぷらが1度に楽しめます。どれも手間のかかる料理ですが、短時間で作れてボリュームがあって豪華に見えます。ロールキャベツよりヘルシーで、天ぷらなのでクリームコロッケよりあっさりして美味しいと思います。

カイカイさんカレー鶏のパリパリ野菜かき揚げ
 材料(1人分)
鶏胸肉 100g
ピーマン 2個
さつまいも 中1/2本
レンコン 中1節
カボチャ さつまいもと同じ量
カレー粉 適量
塩 適量
日本酒 適量
魔法の天ぷら粉 適量
水 適量

作り方

  1. お好みの分量でカレー粉と塩を混ぜ、カレー塩を作っておく。
  2. 鶏胸肉は薄目にそぎ切りして、日本酒、カレー粉、塩で下味をつけておく。
  3. 野菜は千切り(レンコンは輪切り)にして、魔法の天ぷら粉を水でといた中に入れて混ぜ、野菜衣を作る。
  4. (2)(3)に入れて、野菜衣ではさみながら揚げ油に入れて揚げる。
  5. 1のカレー塩をつけていただく。

アピールポイント

カレー風味で食欲をそそり、子供にも人気です。鶏胸肉は安価な上、少量ですみます、野菜衣で揚げるのでボリュームあるおかずになります。また、魔法の天ぷら粉で揚げると、さつまいもやレンコンがパリパリになり、美味です。

まさりろりんさん蕎麦と桜えびのかき揚げ
 材料(1人分)
ゆで蕎麦 20g
桜えび 適量
魔法の天ぷら粉 1袋
水 200cc
市販の天つゆ 100cc
大根おろし 大さじ1
かつおぶし 適量

作り方

  1. 大根をおろし金でおろしておく。
  2. ゆで蕎麦と桜えびを水で溶いた魔法の天ぷら粉に混ぜてタネを作る。
  3. 180度のサラダ油に作ったタネをお玉ですくい入れる。
  4. 1〜2分揚げる。
  5. 先ほどおろした大根おろしを天つゆに入れ、かつおぶしを入れる。
  6. それぞれを器に盛り出来上がり。

アピールポイント

福井県は越前そばが有名です。こちらでは、そばつゆに大根おろしを入れるのが当たり前。蕎麦はよく食べるので余った蕎麦を揚げてみると面白いかも!と思いレシピを考えました。桜えびの香ばしさと、サクサクと揚がった蕎麦を天おろしつゆでさっぱりと。簡単に美味しい一品が仕上がります。

sasanohaさん香味野菜と夏野菜のだし天
 材料(1人分)
魔法の天ぷら粉 60g
昆布だし 大さじ2
冷水 70cc
きゅうり 1/2本
なす 1/2本
青しその葉 1枚
みょうが 1個
オクラ 1個
揚げ油 適量
麺つゆ(ストレート) 少々

作り方

  1. 魔法の天ぷら粉、昆布だし、冷水を混ぜ合わせる。
  2. きゅうりは縦半分に切り、薄切りにする。なすは所々皮をむき、薄切りにする。青しその葉は小角切りにする。みょうが、オクラは、薄切りにする。
  3. (1)(2)を入れ揚げる。
  4. (3)に麺つゆを添える。

アピールポイント

山形の郷土料理「だし」をヒントに天ぷらにしてみました。香味野菜が食欲そそる天ぷらに仕上がりました。野菜いろいろで健康的です。

たれおつさんれんこんの挟み揚げ
(尾張と三河の名産品で)
 材料(1人分)
れんこん 50g
鶏ひき肉 50g
片栗粉 大さじ1
みそ 小さじ1
醤油 少々
刻みねぎ 大さじ1
魔法の天ぷら粉 適量

作り方

  1. れんこんは皮つきのまま5ミリ厚さにスライスし、酢水につけてあく抜きをする。
  2. 鶏ひき肉に、味噌、しょうゆ、片栗粉、刻みねぎを入れてよく混ぜる。
  3. れんこんをキッチンペーパーなどで水気を拭き取り、(2)を挟む。
  4. (3)に魔法の天ぷら粉をたっぷりとつけて、160度の油で揚げれば出来上がり。

アピールポイント

愛知県の愛西市(尾張)の名産品「れんこん」と岡崎市(三河)の名産品「みそ」を使いました。シャキシャキのれんこんと、しっかり味噌の味がついたジューシーなお肉。。。何も付けずにそのままでパクパク食べれちゃいます。お味噌は、メーカーや種類によって量を変えて頂ければと思います。

村人Yさんポテ毬天
 材料(1人分)
肉じゃが(残り物・惣菜)
ジャガイモ 適量
椎茸 適量
牛肉 適量
人参 適量
絹さや 適量
天ぷら粉 60g
水 100ml

作り方

  1. ジャガイモを軽く潰し、椎茸、牛肉を小さく切って混ぜ、ボール状にする
  2. 人参と絹さやを楊枝にさし、(1)のボールに刺す
  3. 水溶きの天ぷら粉に絡め、170℃で、1〜2分揚げる
  4. 楊枝を抜いて盛り付ける

アピールポイント

残り物の肉じゃがで簡単に作れます。手毬のようにコロッとした可愛いビジュアルが、おもてなしにもむいています。

しゅんしゅんさん紅ショウガが効いてる
豚巻きモダン天ぷら
 材料(1人分)
魔法の天ぷら粉 1袋
豚バラ肉 1枚
焼きそば麺 1/4人前
紅ショウガ 適量
キャベツ 1/2枚
ソース 適量
マヨネーズ 適量
かつお節 適量
青のり 適量

作り方

  1. 豚バラを広げ、中央に焼きそば麺、紅ショウガ、千切りにしたキャベツを乗せる。
  2. 豚バラ両端を持ち、全体を包むように巻く。
  3. 魔法の天ぷら粉で作ったタネに豚バラで包んだ具材を浸し、熱した油の中に入れて揚げる。
  4. 揚がった天ぷらに調味料をお好みで。

アピールポイント

焼きそばを入れて豚バラで包むことで、しっかりボリューミーに。同じ粉物、合わないはずがない!

優秀賞

ヤストモさん冷凍卵の半熟天ぷら
めんたいソースがけ
 材料(1人分)
魔法の天ぷら粉
新鮮な卵
明太子
マヨネーズ
醤油
ご飯
小口ネギ

作り方

  1. 明太子をほぐしマヨネーズ、醤油を加えめんたいソースを作る。
  2. 冷凍卵を冷凍庫から取り出し、1分ほど水につけ殻をむく。
  3. すばやく薄く小麦粉をつける。
  4. 続けて魔法の天ぷら粉にくぐらせカラッと揚げる。
  5. 揚げあがった卵の天ぷらをご飯にのせ、めんたいソースをかけ小口ネギをふる。

アピールポイント

家で作るのがなかなか難しい卵の天ぷらを冷凍卵を使う事によってかなり簡単に作る事ができます。コツとしては、最初低めの温度で揚げ始め 徐々に温度を上げてカラッと揚げる事。さらにポイントとして黄身まであまり火が通らなくても冷凍卵にする事で黄身がすでにトロトロになっています。

みずたまねこさんわかめの天ぷら
 材料(1人分)
魔法の天ぷら粉 30g
水 45ml
刺身わかめ 25g
釜揚げちりめん 25g
青のり 少々

作り方

  1. 魔法の天ぷら粉と水をボールに入れよく混ぜる。
  2. 刺身わかめは水で戻し、よくすすぎ、しぼって食べやすい大きさに切りボールに入れる。
  3. 釜揚げちりめんも加え混ぜる。170℃の油で揚げる。

アピールポイント

わかめがとおじゃこと青のりで海の美味しさが味わえます。

あっち吉さん捨てないで!エコかき揚げ
 材料(1人分)
大根の皮 2分の1本分
にんじんの皮 1本分
ブロッコリーの茎 1本分
干しエビ 大さじ2
顆粒和風だしの素 適量
酒 大さじ3
魔法の天ぷら粉 大さじ3
揚げ油 適量

作り方

  1. 大根とにんじんの皮、ブロッコリーの茎を千切りにし、干しエビ、顆粒和風だしの素、酒と混ぜ、3分ほどなじませる。
  2. 魔法の天ぷら粉をまぜ、180〜170℃の油で揚げる

アピールポイント

野菜高騰で、普段捨てていた部分ももったいない!大事に食べようとみんな大好きなかき揚げにしました。皮は出た時に切って冷凍しておけば、ササッと作れて時短!

ことことさんどらやき天ぷら
 材料(1人分)
どらやき 1こ
天ぷら粉 30g
白ごま 3g
水 50g
揚げ油 適量

作り方

  1. どらやきは4等分にする。
  2. 天ぷら粉に白ごまと水を加えて混ぜる。
  3. 揚げ油は中温にし、1を2にくぐらせてカラリと揚げる。
    (*衣は全体にしっかり付くようにしてください。衣の無い所は油を吸収してしまうので)

アピールポイント

サックリと揚げたどらやきはほっぺが落ちるほど美味しいです!我が家の人気のおやつです。

ゆきんこさん長芋の明太子はさみ揚げ
 材料(1人分)
長芋 7〜8センチ程度
辛子明太子 大さじ1
魔法の天ぷら粉 30g
水 50ml
揚げ油 適量
塩 お好み

作り方

  1. 長芋は洗って水気を拭き、6〜7ミリの厚さに切る。
  2. 辛子明太子をはさんで2枚一組にする。
  3. 天ぷらの衣をくぐらせて油で揚げる。
  4. お好みで塩を振っていただく(天つゆでもよい)

アピールポイント

北海道の長芋をよく洗って皮はむかずに使いました。(皮には食物繊維がたっぷりと聞くので)生食することが多い長芋ですが、加熱するとまた違った食感が楽しめます。

ページの先頭へ