婚活を始めてみて、成功したこと・失敗したこと

私は、ネット婚活・婚活パーティー・街コン・結婚相談所と、いろいろな婚活サービスを利用してきました。
いろいろと、婚活サービスを利用した最後に結婚相談所を選んだのですが、ここでの成功した話・失敗した話をまとめていけたらと思います。

結婚相談所では自分が選ぶ側だと思っていた

まず、私は、入会当初「最近は晩婚も進んでるし、30歳から結婚相談所に登録をして活動をし始める私は、登録さえすれば、異性の人からどんどんと連絡をもらって、その中から気になる人を選べばいい」と、どちらかというと、自分が選ぶ側だと思い込んでいました。
ですが、これが失敗でした。

登録をしてみたものの、1ヶ月経っても、異性の人からの連絡は無く自分の計画とは違う流れになってしまいました。

予定としては、結婚相談所に入会した1ヵ月後には、2人くらいの異性の人とは出会って食事をして、他の人も視野に入れながら結婚相手にふさわしい人を選んでいるところ、ということになっていました。

ですが、入会後全く誰からも連絡が無いことに焦り、結婚相談所の方にアドバイスをもらいました。

すると、「今の時代は、男性はお仕事で忙しい方もたくさん居るので、女性からまずは連絡をしてみて、出会いのチャンスを作ってみてください」と言われました。

当たって砕けろ作戦

積極的に異性の人にアプローチするのが苦手なので結婚相談所に入会をしたのですが、結局は、結婚相談所に入会をしたからといって、待っていても相手の人が現れるというわけではありませんでした。

ここで、気持ちを切り替えて、「当たって砕けろ作戦」として、いろいろな異性の方にメールを送ってみることにしました。

メールを送っても返事が返ってこないことが大半で、凹むこともたくさんありましたが、「ここで断られても、その人と一生会うことも無いし、今後関わりの無い人だから」と自分を勇気付け、結婚相談所から毎月数人紹介される人の中から気になる人が居れば、自分からどんどんとアプローチをするということを続けました。

そして、入会して4ヶ月目に、やっと一人の人からメールが返ってきました。
その人と、食事に行ったり、遊びに行ったりして、今は順調にお付き合いをしています。

大事なことは行動

その方に、なぜ私と付き合ってくれているのかを聞いてみると「入会してから一番最初にメールが来た人なので、とりあえず会ってみようと思った」と言われました。

婚活に貪欲になって、ガツガツと異性にメールを送っていましたが、がんばってよかったなと思いました。

結婚をしたいけど、相手が居ないから、婚活サービスを利用すれば相手が見つかるだろう、と甘く考えていましたが、婚活サービスを利用しても、やはりそこでがんばるのは自分です。

「相手の人に自分から言うのは恥ずかしい」と思う気持ちもありますが、そこを乗り越えて勇気を出すことで、良い相手にめぐり会えるチャンスがでてくるんだなと、思いました。

この記事の評価

この記事の評価
0.4

値段ん

0.5/10

良さ

0.2/10

Pros

  • これは
  • なに?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。